賃貸保証会社と連帯保証人はダブルで必要?保証会社の審査基準はどうなってるの?

f:id:miyahei:20190418013634j:plain

どうもこんにちは!
大阪の不動産管理会社勤務アラサーブロガーのみやへいです。

 賃貸のマンションやアパートを借りる時って、聞き慣れない言葉が多くて混乱する方も多いのではないでしょうか。
実は私、前職で不動産仲介の会社に勤務していた時期がありまして、いわゆる路面の店舗で、来たお客さんに物件を紹介して、車で物件まで案内に行ったりなどをしていました。
物件を気に入ってもらったら申込書に記入してもらって、入居に際しての必要な費用等を説明するのですが、ここ近年の契約でしたら大体必要な費用の項目は決まっており、

  • 最初の日割り家賃
  • 敷金・礼金
  • 仲介手数料、
  • 保証会社の保証料
  • 火災保険料
  • 鍵交換費用 etc…

なんかが一般的です。

 その中でよく、「保証会社ってなんですか?」とか
「保証会社って絶対加入しないといけないの?」などなど、保証会社に関する疑問、質問を受けることが多いです。

そんな疑問の多い保証会社について今回は説明していきたいと思います。

 

そもそも賃貸保証会社とは?

f:id:miyahei:20190418014323j:plain

知らない方も多いと思いますが、保証会社は約30年ほど前に発足しました。
当時はあまり浸透していなかったのですが、ここ10年ぐらいでかなり周知され、今では賃貸物件を借りる場合には保証会社への加入が必須、という物件が殆どです。

保証会社の本来の目的(メリット)は、借主側からすると、連帯保証人の代わりになる。
貸主側からすると、万が一借主が家賃を滞納した場合に保証会社が家賃を立て替えて、代わりに借主に請求してくれる代位弁済業務を行っております。

ちなみに10年以上前は、敷金や保証金を家賃の何ヶ月分も預かって担保にしていた為、それで家賃滞納のリスクを軽減していました。 

保証会社に加入しても連帯保証人が必要?

f:id:miyahei:20190418014214j:plain

上記では、保証会社利用のメリットとして連帯保証人の代わりになると書きましたが、実際は保証会社に加入するにも関わらず、連帯保証人も付けなければいけない、なんて物件も多数存在します。
理由は、家賃以外のリスクも軽減しておく為です。
例えば契約者が犯罪を犯した、死亡した、近隣住民とトラブルを起こした、なんてことがあった際、連帯保証人は、契約者と同等の責務を果たす義務がありますので、仮に上記の様なことがあっても、連帯保証人に対応を依頼することができます。
よって、オーナー側からすると保証人は付けてほしいものです。

www.miyahei.com

保証会社加入の費用

保証会社によって費用は変わりますが、大体、契約時に賃料総額の30%~100%(賃料10万円の物件なら3万円~10万円)の保証料が必要になり、更新料がおおよそ1年毎に5,000円~10,000円程度かかります。

保証会社によっては、初回保証料が高い代わりに更新料が無いパターンを設けている所もあります。

尚、学生さんなら学割を使って、保証料を安くで抑えれる物件もありますので、入居前に一度確認してみてください。但し、物件毎にどこの保証会社に加入するというのが決まっていることが多いので、入りたい保証会社に入るのは難しいでしょう。

保証会社の審査基準

f:id:miyahei:20190418014625j:plain

保証会社は家賃を保証するにあたって当然リスクを負う訳ですから、入居審査があります。
基本的には、支払い能力があるか否か過去の滞納歴の有無などの内容を見て審査します。
丸井やオリコなどの信販系の保証会社は、信用情報に基づいて審査をしているようなので、審査が厳しめと言えるでしょう。


↓ ↓ 詳しくはこちらの記事をご参照ください。

www.miyahei.com

まとめ 

保証会社加入があたり前になっている昨今、保証会社不要の物件を探そうと思うとかなり選択肢が絞られてしまうと思いますので、保証料はもったいないかもしれませんが、そういうものだと思って割り切りましょう。

最近は礼金などの初期費用が安くなっていることを思うと、費用負担は昔と比べて大幅に減少しています。

また、大手の法人契約など、保証会社が要らないケースもありますので、加入の有無は、一度不動産会社に問い合わせてみましょう。

それではまた!!